クラミジアをうつさない!性病感染に注意

ジスロマックは細菌の侵入に強い力を発揮する

ジスロマック

ジスロマックは、細菌が人体のなかに侵入することによって発生した病気、いわゆる細菌感染症に対して効果のある医薬品となっています。
細菌感染症とはいっても、さまざまな病名にわかれているものですが、たとえば、咽頭炎、喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎といった病気についてもジスロマックは対応可能となっています。
尿道炎、子宮頚管炎のように細菌が原因となった性感染症に対しても、同様に効果を発揮するようになっています。
ジスロマックの特徴を通販サイトで確認して、自身の症状改善に役立ててみましょう。

ジスロマックにはいくつかの種類があり、ごく一般的に処方されているのは、1錠あたり250ミリグラムの有効成分が含有されている錠剤タイプのものです。
このタイプについては、正規のジスロマックはもちろんですが、先発医薬品であるジスロマックをまねてつくられた後発医薬品、いわゆるジェネリック医薬品でも同様のタイプがつくられています。
錠剤タイプであれば、有効成分の含有量が1錠あたり600ミリグラムという、やや多めのものもあります。
こちらはエイズウイルスに感染している患者のために、その他の感染症にかかるのを防止したり、治療を行ったりするのに用いられるものです。

また、錠剤タイプ以外にも、子供用につくられた細粒タイプのものや、大人用のドライシロップタイプのものなどといったバリエーションもありますので、必要に応じて選択することになります。
いろいろな種類にわかれてはいるものの、基本的な効能そのものは同じであり、有効成分の量に応じて、飲む量や回数を変えるということになります。
また、ジェネリック医薬品についても、基本的に効能は同じと考えてよいものですので、先発医薬品のジスロマックと同様の飲み方でさしつかえありません。