クラミジアをうつさない!性病感染に注意

クラミジアの感染に気づかなければ大変なことに

ビックリマークと驚いている女性

大部分の方が自覚症状でクラミジアの感染に気付きます。
男性であれば、排尿時の痛み、膿、性器や下腹部の違和感、女性は下腹部の違和感やおりものの増加、性行為中の痛みが挙げられます。
男性の場合は睾丸が腫れる前立腺炎、女性は肝周囲炎、骨盤内炎と悪化することがありますので、自覚症状が出た場合は早くクリニックで治療を受けましょう。
治療は抗生物質を陽性反応が消えるまで投与する方法になり、比較的簡単な治療になります。
初期段階であれば1週間ほどで完治することも多いのがクラミジアです。

しかしクラミジアには大きな問題があり、その感染に気付く方法が顕著に表れにくい特徴があります。
特に注意してほしいのが、女性になります。
クラミジアに罹った女性の8割に自覚症状が出ないと言われており、気付かない間に重症化、または他の人に移してしまったということもあります。
以前からクラミジアに罹っており、それをパートナーに移してしまうことも考えられ、浮気をした、しないといった不毛な争いになることもあります。

自覚症状が出れば治療方法も簡単であり、比較的容易な治療になりやすいのですが、その大切な自覚症状がないというのはクラミジアの特徴になります。
よって以前に不特定の人と性行為をした経験がある、多数のパートナーがいる、また風俗に通った経験がある、風俗嬢であるという人はリスクが高くなりますので、積極的な検査を受ける姿勢が求められます。

検査は病院や一部の保健所でできることもあります。
自覚症状が出ていない場合の検査は、保険適用されないことがありますので、自己負担になることもあります。
また検査キットがあり自宅で行い検査結果を聞くことも可能です。