クラミジアをうつさない!性病感染に注意

クラミジアが原因の不妊症を回避するにはクラビット

クラミジアは卵管が癒着することが原因で感染する傾向がありますが、仮に完治していても卵管が詰まる事があります。
その状態を放置していると、卵管や腸などの色々なところに癒着していく可能性もあるのですが、それが、不妊の原因になったりもします。

きちんと排卵をしていても卵管まではわからないので、クラミジアによる卵管閉塞などになっていないかの検査を受ける必要があります。

さて、妊娠の仕組みを説明すると以下の様になります。
卵巣から排卵が起こって、卵子が飛び出します。
それを卵管采がそれをキャッチして、受精するのが妊娠までの流れです。

その際、卵管が通っているかどうかは普通の内診やエコーなどの検査では判断できないので、卵管に油性もしくは水性の液体を流し入れて、レントゲンなどで撮影するケースがあります。
これらの検査は若干、お金がかかりますが、生理中や排卵前後、排卵後以外に撮影できるのです。
この方法は、不妊検査の中では、特殊な検査に分類されているものです。

すべての産婦人科でこの検査に対応しているわけではないのですが、似たような検査もあります。
不妊症であっても体外受精などで妊娠可能なことがあるのですが、不妊治療のクリニックなどで治療を受け付けてもらえたりもします。

クラミジアは症状があらわれにくいことから発見が遅れやすく、また性感染症への抵抗感からついつい医療機関で検査・治療を受けるのを引き伸ばしてしまう傾向があります。
放置しておくとこのような恐ろしい病気を引き起こすことがあるため、現実をしっかり見据えた上で適切な対策をとることが求められるのです。
また、エイズや淋病など他の性感染症への感染率が3~5倍にもなってしまいます。